この会は、不登校や子育ての悩みの解決に向けて親自らの考える力を養い「コンプリメント」で子育てをする親の会です。
「ラ・ニコリーナ」は太陽のような笑顔を持つ親達の意味を込めています。

○ コンプリメントとは
森田直樹先生が提唱する愛情と承認の言葉かけです。
「〜の力がある」「〜でお母さんうれしい」という2つの言葉を用いて、その子の持つ様々な良さに気づかせていきます。

○ コンプリメントで子どもはどう育つのか
コンプリメントを用いると、ずれていた歯車がひとつずつかみ合い、家族が幸せになっていきます。
子ども自身は社会のために、自らの持てる力を発揮しながら生きていけるようになります。
悩める親子が1組でも多く、幸せな親子に変わる事を願って活動をしていきます。
私たちと共に、笑顔輝く子育てをし、子どもに生きる力を取り戻しましょう。


<< 忘れられない一言〜一家団欒の大切さ☆マルコ☆ | main | コンプリメントに出会うまで◆ R母☆ >>

中高一貫校の不登校の悩み ☆ひなた☆
0

    JUGEMテーマ:不登校

     

     

    息子は私立中高一貫校の中1の時に不登校になりました。

     

    中高一貫校の不登校では、公立校とは異なった悩みが生じてきます。息子の場合は「欠席日数による内部進学の問題」「授業の進度が早いこと」でした。

     

    息子の場合は一年生の時に担任の先生が「内部進学のためには中3までは欠席日数、成績は問わない」ことを教えてくれました。トレーニング前だった私は励ますつもりで息子にそれを話してしまいました。その事は失敗だったと今でも少し後悔しています。「中3までは休んでも大丈夫」と伝えてしまったようなものだったからです。

     

    勉強についても同じです。「3年生まではサボっても平気」と息子が無意識に捉えた可能性があります。

     

    息子の学校では中3ではすでに高校生の内容を習います。中1中2と勉強していなければ公立中3年分の勉強をサボったことになり、3年生になってから追い付こうなどというのは到底不可能なことでした。

     

    結果的にやはりという感じで中3の授業に早々につまずき、それがきっかけで再度登校できなくなり、欠席日数オーバーで(成績もですが…)内部進学が不可能になりました。

     

    (外部受験をした経験は「高校受験のこと 廖峭盥纂験のこと◆廖峭盥餐びのこと」に詳しく書きましたのでそちらご覧ください。)

     

    学校からは2年生が終わる段階で公立中学に転校してはどうか、というお話がありました。公立ならば授業の進度も遅く、内容も息子の学校よりは難しくないため内申点が取りやすく高校受験に有利だというのです。そして今のままギリギリの成績で高校に進学しても、高い確率で成績の規定で留年の可能性が生じ、過去にそういった例が何件もあるそうなのです。

     

    この頃はすでに親の欲は消えていましたので、私としては公立に転校した方が良いのではと考えていました。ただ、通うのは息子なので息子にどうしたいか確認しました。すると息子は「この学校で頑張りたい、これから勉強を本気で頑張る」私にも担任の先生の前でもそう言ったのです。

     

    多分それは本心だったのだと思います。ただ、現実はそう簡単なものではなかったということです。

     

    息子の経験から私がお話できることは、

    「学校の欠席日数と成績の規定は親が必ず把握する、しかし子供にどこまで伝えるかは熟考が必要」

    「勉強は遅れると取り戻したくても取り戻すことがとても困難」

    「公立校に転校する方法もあり、状況によってはそちらの方が受験には有利」

    ということです。

     

    1年生、2年生の段階でまだ内部進学に希望が残っている場合はなかなか「転校」の決心はつきません。私もそうでした。息子もそうだったのだと思います。あの苦しかった中学受験を思えばなおさらのことです。

     

    この問題に関してはもちろん正解はないので、的確な情報を与えた上で決めるのは子供、親はそれをサポートするだけだと思っています。

     

    中高一貫校に通うお子さんの学年や状況は様々だと思います。学校によっては成績、欠席日数にかかわらず全員進学させるところ、逆に1年生から成績、欠席日数の規定があり転校を促されるところなどもあるようです。

     

    せっかく頑張って入った中学ですから、お子さんが在籍を望む場合は親としてできる限りの情報収集、学校への協力は遠慮せずにお願いした方が良いと私は思っています。

     

    親の本気度は必ず先生方にも伝わります。これは先日親の会でも教えていただいたことです。

     

    ただし、過保護過干渉にならないように。

    このさじ加減が一番難しいところなのですが…。

     

     

    ひなたプロフィール:

    息子は高校1年生。(2018年現在)

    中学1年生の5月から五月雨登校→完全不登校に。

    その年の9月からトレーニングを始め、約60日で教室へ再登校。

    その後一進一退(十退)紆余曲折あったものの

    高校受験を経て現在元気に登校中。

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。 記事を読んで「参考になった」という方は、応援クリックお願いします。

     

    にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

    | コンプリメントで子育てする東京親の会  ―ラ・ニコリーナ東京 ― | ひなたの日なたぼっこ | 13:18 | comments(0) | - |









     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    + PROFILE
    + LINKS
    + 親の会へのコンタクト
    ☆2019年7月学習会☆

    日時:2019年7月28日(日)10時〜15時
    場所:渋谷区内公共施設会議室

    内容:自己紹介・近況、我が子のリソース、自由意見交換など お子さんの不登校で悩まれている方、親の自主学習会ですのでお気軽にご参加ください。
    お申込み等は、7月学習会参加と明記してお申し込みください。
    お問い合わせ、お申込み
    compliment.tokyo@gmail.com
    ラ・ニコリーナ東京へメール


    ---------------------------------------------------
    ☆東京親の会へのご登録☆

    らくらく連絡網にて連絡をしています。
    以下に空メールを送り、届いたメールから会員登録してください。

    ラ・ニコリーナ東京のらくらく連絡網へ登録

    ---------------------------------------------------
    ☆第2回全国親の会申し込み受付中☆

    第2回コンプリメントで子育てする全国親の会を東京で開催します。
    日時:2019年8月31日(土)10時30分〜16時30分
    会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
    詳細は7月5日のお知らせでご確認ください
    全国親の会お申込み
    ---------------------------------------------------
    + 森田直樹氏 コンプリメントトレーニング研修会(2018/10/21 八重洲ブックセンター)
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 「第1回コンプリメントで子育てする全国親の会」に参加して〜 感想リレー☆shokako☆
      shokako (07/15)
    • 「第1回コンプリメントで子育てする全国親の会」に参加して〜 感想リレー ☆マルコ☆
      マルコ (07/15)
    • 「第1回コンプリメントで子育てする全国親の会」に参加して〜 感想リレー☆shokako☆
      tomoko (07/14)
    • 「第1回コンプリメントで子育てする全国親の会」に参加して〜 感想リレー ☆マルコ☆
      ジャニス (07/10)
    • 第1回全国親の会 感想リレー◆ おまえちゃん☆
      おまえちゃん (07/04)
    • 第1回全国親の会 感想リレー◆ おまえちゃん☆
      駒草 (07/02)
    • 「第1回コンプリメントで子育てする全国親の会」に参加して〜 感想リレー ☆マルコ☆
      マルコ (06/28)
    • 「第1回コンプリメントで子育てする全国親の会」に参加して〜 感想リレー ☆マルコ☆
      マルコ (06/28)
    • 「第1回コンプリメントで子育てする全国親の会」に参加して〜 感想リレー ☆マルコ☆
      マルコ (06/28)
    • 「第1回コンプリメントで子育てする全国親の会」に参加して〜 感想リレー ☆マルコ☆
      珈琲タイム (06/27)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + にほんブログ村バナー
    + MOBILE
    qrcode