<< 花には水を 人には愛を 2 ★珈琲タイム★ | main | 2020年度総会&茶話会を開催しました >>

“場面緘黙症”見方を変えてみると娘の素敵な一面が・・・★ワンダフルわんこ★ 
0

     小6の夏休み明けに不登校になった娘は、

    不登校になる以前から「人前で話す」ということが苦手でした。

     

    不登校になってからスクールカウンセリングを利用するようになりました。

    するとカウンセラーから、娘について「不安拡大症」「場面緘黙症」と言われました。

    初めてその言葉を聞いた時、正直 頭がパニックになりました。

     

    登校をしていた頃は、単に「人前で話すことが苦手」と思っていたことが、

    不登校になってから「不安拡大症」「場面緘黙症」と難解な言葉を並べ立てられ、

    慌ててネットで検索したり、本を読んだりしました。

    確かに、調べれば調べるほど、あてはまることが多々ありました。

     

    娘は人前で発表することが苦手。

    ・自己紹介できない、

    ・日直当番の挨拶もできない

    ・授業では手をあげない(先生に当てられて、みんなの前で立って答えるのが嫌)、

    ・少人数グループも発表できない(自分の意見を言えない)等々

     

    それまでの担任の先生がたは、娘の性格を踏まえた対応をしていただいたようですが

    6年の担任の先生は、何かと授業で生徒同士で討論することが好きでした。

    「経験を積めば人前で話せるようになる」という主義で、

    特に娘には、容赦なく人前に立たせて発表の場を与えていたようです。

     

    人前で話せない=自分の意見を言えない⇒黙りこむ⇒泣く・・・⇒ 周囲がイライラする・暴言を吐かれる

    と学校生活は苦難のオンパレードだったようです。

     

    それほどまでに大変だったことを、娘はなかなか私に打ち明けられずにいたようで

    当時の娘の心境を思うとつらいです。。。

     

    それまで私は「娘をなんとか積極的な子にしたい」

    「これを克服するにはどうしたらいいか?」と悩んでいました。

     

    ”話せない娘”が「(人並みに)話せるように」するにはどうしたらいい?と考えて、

    ボイストレーニングのマンツーマンレッスンに通ったこともありました。

    けれど毎回、娘は泣いてしまいレッスンになりませんでした。

    今思うと、娘をどんどん追い込んで、心のコップの水をカラカラに枯らしてしまいました。

     

    コンプリメント子育てで学んだことは、親の「ものの見方を変える」ということです。

    私は、娘を周囲の子どもと比べて

    ”話ができない・苦手”という娘=積極性がない、自分の意見が言えない子

    自分の勝手なモノサシでとらえていることに気づきました。

     

    コンプリメント子育てで「ものの見方を変える」ということを学び

    そんな娘の良さ(リソース)が見えてきたのは  

    「話すのは苦手」=「聞き上手」 でした。
     

    中1秋、不登校から1年以上ぶりに登校するようになってからも別室登校が続いていました。

    やがて一人のクラスメイトが「教室が嫌なら美術室で一緒にお弁当を食べよう」と誘ってくれるようになり、

    それが続くうちに、いつしか何人もの女子が一緒に美術室でお弁当を食べてくれるようになったのです。

    会話に入るのが苦手なはずの娘。

    みんなと一緒にいる間、一体どうしているのか?不思議でした。

    ある時、聞いてみました。すると

     

    「ただみんなの話を”ウンウン”って聞いてるんだ」と話してくれました。
     

    そしてある時、ひとりの子から

    「〇〇(娘の名前)はいつも話をきちんと聞いてくれる」

    「〇〇(娘の名前)が一番信頼できる」

    と言ってもらったそうで、はにかみながら私に話してくれました。


    私はとてもうれしくなり

    「あなたはお友達の話を聴く力があるね」「友達から信頼される力があるね」

    とコンプリメントしました。

     

    娘が人から必要とされている存在に感じられる話を聞きながら、

    不登校ピーク時に、「みんながこわい」「学校こわい」「消えてなくなりたい」

    と泣きながら訴える娘のことが頭をよぎりました。
     

    娘のマイナス面として、私のモノサシで見ていたことは

    ものの見方を変えれば、実は娘の素晴らしいプラス面(リソース)でした。

    コンプリメント子育てによって、私自身 日々成長させていただいています。

     

    必要だったのは、ボイストレーニングではなく、心のコップに水をそそぐコンプリメントでした。

    いまコンプリメント子育て出会い、日々取り組むことができて本当に有難く思います。

     

     

    ★ワンダフルわんこ★ プロフィール

    小6 夏休み明けから不登校に。昼夜逆転、電子機器依存。

    (小6/1月)コンプリメント子育て開始。不登校のまま小学校卒業。

    中学入学以降も不登校つづく。

    コンプリメント子育て300日(中1/10月)から別室登校(母付き添い)し始める。

    400日(中1/2月)一人で登校(片道1時間半)するも遅刻登校が続き、

    600日(中2/9月)朝から通常登校できるようになる(不登校から730日目)

    コンプリメント子育て開始して、通常登校できるまで600日かかるも、

    300日目登校開始から欠席・早退なく連続登校。現在オンライン授業に格闘中。

     

     

    JUGEMテーマ:不登校

     

    ブログランキングに参加しています。

    一人でも多くの悩める親子に届きますよう、ポチッとお願いします。

    にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

     

     

    | コンプリメントで子育てする東京親の会  ―ラ・ニコリーナ東京 ― | ラ・ニコリーナ通信 | 09:40 | comments(4) | - |
    ワンダフルわんこさま

     前回に続いて ワンダフルわんこさまの、娘さんを見守るやさしい眼差しを感じました。なかなか聞き上手にはなれないものです。素敵な娘さんですね。 そして、こんなに学校のことをお話ししてくれるなんて!お母さんも聞き上手ですね!!

     見方を変えると、本当に子どもは可能性に満ちていると思います。
     私も、子供の苦手を克服させようと低学年の時に習い事をさせたことがありますが、楽しくないばかりか、自信を無くしてしまう結果となりました。苦手なことが悪いことのように感じさせてしまったかもしれないです。人間には得手不得手があって当たり前だし、好きなことに一生懸命になれるようにできればよかったなあと反省しています。

     まず心のコップに水を注ぐこと。大きくうなずきました。
    ワンダフルわんこさんと娘さんの柔らかな雰囲気が目に浮かんで、ほほえましく、癒されました。ありがとうございました。
    | 珈琲タイム | 2020/05/22 10:55 PM |
    珈琲タイムさま

    あたたかいメッセージをありがとうございます。
    わたしも以前から珈琲タイムさんの書き込みを拝見して
    癒されています。

    コンプリメント子育てを始める前は、娘は学校のことをほとんど話してくれませんでした。
    それは私が「娘の話に耳を貸せない母」だったから。。。。

    クラスのママたちは、子どもから学校でのことをイロイロ話をきいているのを、うらやましく思っていました。
    女の子はお母さんとおしゃべるするもの、と思っていたのですが、娘が違っていました。

    娘には帰宅後に話しかけても「ふつー」「うん、まあ」としか返ってきませんでした。
    きっと、娘は学校のことを話すのが好きではないんだなと思っていました。

    でもそれは「娘が寡黙」なのではなく、
    「親子の信頼関係」ができていなかったから、だと今ならわかります。

    コンプリメント始めて、娘がポツリポツリと学校のことを話してくれるようになって、ほんとうに嬉しいです。

    「見方を変えると、本当に子どもは可能性に満ちている」
    素敵な言葉をありがとうございます。
    わたしも娘の「可能性」をどんどんみつけていきたいなと思います。
    | ワンダフルわんこ | 2020/05/23 12:05 AM |
    親の見方を変えることの大切さが、よく伝わりました。
    うちの小5の息子は、好奇心と行動力が強すぎて、注意する事ばかりなのですが、「種巻こう!悪さの数だけ リソースだ」をなるべく(笑)思い浮かべるようにしています。
    | くずもち | 2020/06/21 9:14 AM |
    くずもち さま

    コメントありがとうございます。

    息子さんは好奇心と行動力の強いお子さんでいらっしゃるのですね。”目がキラキラした元気な男の子”のイメージで読ませていただきました。

    くずもちさまが、お子様のリソースと思われていらっしゃるので、素敵だなと思いました。

    私は、コンプリメント子育てを通して、こどものリソースを”探す”のに苦労していました。

    そのうちに”探す”という作業の中に、自分の価値観のフィルターを通しているから見つけにくいのだ、ということに気づきました。

    ”探す”のをやめて、”ありのまま”の子どもを見て、感じて、受け入れる、ようになって、ようやく、それがこどものリソース、ということが、だんだん分かってきました。

    わたしも、くずもちさまのように、たくさん種をまいていきたいと思います。
    | ワンダフルわんこ | 2020/06/24 9:48 AM |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    + PROFILE
    + LINKS
    + 親の会へのコンタクト
    ☆東京親の会へのご登録☆

    らくらく連絡網にて連絡をしています。
    以下に空メールを送り、届いたメールから会員登録してください。
    ラ・ニコリーナ東京のらくらく連絡網へ登録
    ---------------------------------------------------
    ☆東京親の会より☆
    〇2020年7月親の会
    対面→7月20日(月)→中止といたしました。
    web親の会→7月12日(日)14時〜(2時間程度)
    web親の会は、全国各地どちらからでもご参加可能です。
    ご参加、お問い合わせは→東京親の会へ連絡

    ☆神奈川親の会より☆
    〇対面親の会再開のお知らせ
    7月15日(水) 9時30分〜12時30分  定員15名
    横浜駅近くの公共施設
    お問い合わせは→神奈川親の会へ連絡

    ☆各地の親の会☆
    新潟親の会  予定が決まりましたら更新します。
    香川(四国)親の会 8月23日(日) 10時〜
    群馬親の会  8月30日(日)9時30分〜

    zoomにて開催します
    内容:自己紹介・近況報告、リソース発表

    新潟・香川親の会参加ご希望等は→東京親の会へ連絡
    群馬親の会参加ご希望・お問い合わせは→群馬親の会へ連絡
    + 森田直樹氏 コンプリメントトレーニング研修会(2018/10/21 八重洲ブックセンター)
    + 書籍紹介


    + RECOMMEND
    カタン スタンダード版
    カタン スタンダード版 (JUGEMレビュー »)

    頭を使っていかに自分の陣地をひろげるか…はまります
    + RECOMMEND
    ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム
    ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム (JUGEMレビュー »)

    小さい子から大人まで単純ですが、とにかく面白いです。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム
    ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム (JUGEMレビュー »)

    全く子供に勝てませんでした…
    しりとり逆バージョン
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + にほんブログ村バナー
    + MOBILE
    qrcode