題名


<< 第2回全国親の会 感想リレー | main | 10月学習会を開催しました >>

第2回全国親の会 感想リレー
0

    プロフィール

    ひなた

    中高一貫校の中1で不登校になった息子は現在高2。

    出席日数と成績の規定により内部進学できず、受験を経て入学した高校には毎日休まず登校中。

    バイトに塾に友達に、忙しい毎日を送っています。

     


     

    8月の第2回全国大会では、東京親の会から運営として関わらせていただきました。

     

    第1回の香川大会では当日のみの参加でしたので、正直ここまで準備が大変だということがわかっていませんでした。

    現地に担当者のいない困難な状況の中で第1回の開催に携わって頂いた全国の運営の方々に、遅ればせながらこの場をお借りしてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

     

     

    第1回、第2回の全国親の会をどちらも支えてきたKさんが東京親の会を立ち上げて9月で丸2年になります。

     

    どうしてこの短い月日でここまでのことができたのだろうと考えると、そこには必ずKさんの神がかり的な献身がありました。

    日程を決め人数を予想して毎回会場を押さえるのも、その告知と集計も、問い合わせのメールに一人一人に心を込めて応えるのも、名簿を作りその名前を覚え、参加した方を笑顔で迎え入れるのも、感想の集計も。はじめのうちは会計までも一人でされていました。そんな運営に関わるありとあらゆる雑務を、大変さ少しも表面に出さずいつも笑顔で黙々とこなされていたのです。

     

    ある日などは会場に足りなかった椅子を家から自転車で運んで来る途中に土砂降りの雨に会い、ずぶ濡れでやってきました。その時も笑顔でした。

     

    東京親の会に名前を付けようという話になった時に、頭の中に発起人のKさんの笑顔が思い浮かびました。

    その笑顔の輪が広がっていくイメージ、それが親の会の名前「ラ・ニコリーナ」になりました。

    東京親の会がいつも明るく笑顔で溢れる会になっているのは、間違いなく代表のKさんのおかげだと私は思っています。

     

    そのKさんが、今回の全国大会の挨拶をなさいました。

    普段自分の話をあまりされないKさんの「コンプリメントを広めたい」という熱い想いに心を打たれました。

    Kさんの周りに自然に集まった私たち運営のメンバーが、それぞれの思いを深くした瞬間だったのではないかとも思います。

    会場の皆さんにはどんな風にこの思いが伝わったのでしょうか。

     

    コンプリメントという繋がりでこの場に集まった不思議な縁の私たち。

    子供の不登校という困難のおかげで、一緒に成長できるたくさんのお仲間に出会うことができました。

     

    コンプリメントはとても奥が深く、また親の欲も根が深く、わかったと思ってもできたと思ってもまた揺り返しがやってきます。

    そんな時は親の会の仲間に話します。「私もそうだった」「うちもこんなことがあったよ」みんな共感がとても上手です。

    自分は一人じゃない、分かってくれる人がいる。そう思うことは勇気になることも学びました。

     

    これから先も、子供達にまだまだ様々な場面が降りかかってくることでしょう。

    それでもコンプリメントとここにいるみんながいるから頑張れる、乗り越えられる。そんな幸せを運んでくれた「不登校」にも、今は感謝しています。

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    記事を読んで「参考になった」という方は、応援クリックお願いします。

    にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

     

    JUGEMテーマ:不登校

    | コンプリメントで子育てする東京親の会  ―ラ・ニコリーナ東京 ― | 第2回コンプリメントで子育てする全国親の会 | 19:12 | comments(2) | - |
     ひなたさま

    文章を読みながら、いろいろ思い出し、感謝と涙が溢れてきました。
     希望が見えずまっ暗闇の中、コンプリメントの本に出会えたこと。トレーニングを始めてすぐの昨年5月、はじめて東京親の会に参加させていただいた時のこと。運営の皆さんの輝く笑顔、不安でいっぱいの私たちを受け止めてくださる言葉、表情。わかってくれる人がいる、という安心感に包まれる空間。トレーニングに関することは「それは森田先生に電話した方がいい!」とアドバイスをいただき、会場を出てすぐ森田先生に電話をかけたこと。いろんな場面が頭に浮かびました。

     Kさん、ニコリーナ東京を立ち上げてくださり、本当にありがとうございます。ありがとうの一言では足りません。最大級の感謝を伝えたいです。
     閉ざされた絶望の淵から、あたたかな光の中にひっぱり出してくださった運営の皆さま、本当にありがとうございます。今日も、いってらっしゃい、と笑顔で子供を送り出せるのは、お手本となる笑顔が、ニコリーナ東京にあふれていたからです!
    コンプリメントが、たくさんの人に届きますように。

    ****
     現在中2と小6の男の子。長男が2018年2月から不登校。同年5月〜8月トレーニング。五月雨・別室を経て10月から全日登校。次男は長男につられるように五月雨登校していたが、現在は時々遅刻しながらも登校中。
    | 珈琲タイム | 2019/10/09 12:42 AM |
    珈琲タイムさま

    コメントをいただいてとても温かい気持ちになりました。

    コンプリメントという共通言語があるおかげで、初めての方とでもすぐに打ち解けられるのがこの会の素晴らしいところですよね。

    そしてリソースという名の子供の自慢話をみんなが心から嬉しそうに聞いてくれる、こんな幸せな場所は他にはめったにないのではないかとも思います。

    不安になった時も一人じゃない、みんな通った道だと思えば頑張れる、そんな勇気をもらえる場所にいられる事は本当に幸せだと私もいつも感謝しています。

    誰かの笑顔が他の誰かに伝わって広がっていく、それならば私も家でも真っ先に笑顔になろうと思いました。珈琲タイムさんのお子さんも、毎日お母様の最高の笑顔に見送られて、勇気と幸せを心にいっぱいにして出かけていると思います。

    私も明日から世界一幸せなお母さんの笑顔を目指しますね。大切なことを思い出させてくださってありがとうございました。
    | ひなた | 2019/10/09 8:02 PM |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    + PROFILE
    + LINKS
    + 親の会へのコンタクト
    ☆東京親の会へのご登録☆

    らくらく連絡網にて連絡をしています。
    以下に空メールを送り、届いたメールから会員登録してください。
    ご登録いただくと親の会より、毎月の親の会等のお知らせが配信されます。
    ラ・ニコリーナ東京のらくらく連絡網へ登録
    ---------------------------------------------------
    ☆東京親の会より☆
    〇2020年10月親の会(オンライン)
    web親の会→10月19日(月)10時〜12時
    お申し込み→『イベント詳細公開ページ 』

    ☆神奈川親の会より☆
    〇10月対面学習会
    10月22日(木)9:30〜12:30(5分前開場)
    参加・お問い合わせは→神奈川親の会へ連絡

    ☆各地の親の会☆
    〇群馬&新潟コラボ親の会   10月4日(日)9時30分〜
    〇香川(四国)親の会    9月27日(日)10時〜

    zoomにて開催します
    内容:自己紹介・近況報告、リソース発表等

    新潟・香川親の会参加ご希望等は→東京親の会へ連絡
    群馬親の会参加ご希望・お問い合わせは→群馬親の会へ連絡
    + 森田直樹氏 コンプリメントトレーニング研修会(2018/10/21 八重洲ブックセンター)
    + 書籍紹介


    + RECOMMEND
    カタン スタンダード版
    カタン スタンダード版 (JUGEMレビュー »)

    頭を使っていかに自分の陣地をひろげるか…はまります
    + RECOMMEND
    ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム
    ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム (JUGEMレビュー »)

    小さい子から大人まで単純ですが、とにかく面白いです。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム
    ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム (JUGEMレビュー »)

    全く子供に勝てませんでした…
    しりとり逆バージョン
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + にほんブログ村バナー
    + MOBILE
    qrcode