<< ギックリ腰と子供の勇気 ☆ひなた☆ | main | 「学校なんか二度と行かない!」と言っていたはずの息子の話。 ☆ひなた☆ >>

何度でもチャレンジ ☆マルコ☆
0

    高校時代の娘の部活動から見えてきたものがあります

    娘の高校時代の部活動の経緯を書くと…

     

     ̄親扱鷲活

    →高1、学校で一番厳しいと思われる。徐々に辛くなりサボる様になる

    →高1GW明け部活にはいかなくなる

    →高1夏休み前にやっぱりやりたいと再会し合宿に申し込みする

    →高1合宿前に辞める事を決める

    →高1夏休み前に退部

     

    ⊇気1度の文化系部活(中学の頃から続けている)

    →一進一退はあるものの3年間続ける

     

    J顕酬鷲活、顧問の先生に誘われて高1の5月くらいから入部

    →センスを認められるが、どうしても本人はしっくりこない様子

    →高1春休み泊まりで大会参加

    →高2の始めに休部

     

    げ山攘呂良活、高2年の6月、3年生が引退してから入部

    →一進一退はあるものの自分の居場所を見つけられ仲間もできる

    →高3の5月の引退まで続ける

     

    ナ顕酬鷲活、高2の始めに入部

    →活動も少ないので後半はほとんど出ず幽霊部員。

        文化祭などの役割は果たす

     

    総計で5つの部活と関わりがありました。

    高校生になった時、本人は部活もやり充実した物にしたかったのでしょう。

    その気持ちは本当だったと思います。

    最大で3つの部活を兼部していた時期がありましたが、大人なら安易に無理だろうと想像がつきます。

    しかし、物事は経験してみないと本人自身の気づきには繋がらないのです。

    部活は、想像以上に自信の水を減らします。

    登校への影響も多大なのです。

    娘には

     

    部活はやめたって何回入り直してもいいんだよ

    高校生は学校が主であって、学校生活に支障をきたすなら部活は辞めなさい

    上手く行く事は続け、上手くいかない事は軌道修正

     

    こう言い続けました。

    3年間一進一退を繰り返し大変な高校生活だったと思います。

    卒業アルバムでは3つの部活の所に写っている娘です。

     

    子育てしていると、どうしても

    明るく元気に学校へ行って、勉強もして、部活でも活躍して欲しい、そうなったらいいのに…

    こんな事思いがちです

    子供もそんな親の思い分かっています

    以前の娘は自己肯定感が低く自分が嫌いと言っていました。出来ない自分自身が嫌だったのでしょう

    出来ないと嘆くのは向上心がある証拠なのです

     

    1人1人の好きな事もあれば、嫌いな事もある

    子供自身だって自分で生き生きと充実した毎日にしたいと思っているのは当たり前です。

    自分で決めて、自分で試みてみる。

    失敗して気づく事で心のコップは大きくなります。

     

    人生に失敗しない人はいません。

    チャレンジしないと失敗もしません。

    失敗するという事は、チャレンジする力があるという事

    自分で決めて、経験を積む力があるという事

    思う通りにやればよい

    部活を辞めようが、休もうが、再チャレンジしようが

    あなたは私のかけがえの無い子供

    世界一大切な愛する我が子

    親も子も出来ない自分を認める事から始める

    今は、大変ならば素直に話してくる娘へと変わりました。そして私自身もどんな娘であっても良いのだと思えるようになりました。

     

    自分で自分を変える力がある

     

    大学生になってから

    サークルや部活を3、4つお試しで参加したり入部や入会してみたり…他大学のインカレのサークルも見学してました…

    色々試してみて、1つの部活に決めて入部、今は楽しくやってます。きっとこれからも様々な事があると思います。

    思うようにいかない経験があるから、今それを生かして考える事ができる。

     

    高校時代の経験から学ぶ力がある

     

    私のかける言葉は決まってます

     

    大変だね

    あなたなら乗り越えられる

    乗り越える力がある

     

    今日も(๑•̀o•́๑)۶FIGHT☆ͦ

     

     

    ☆マルコのプロフィール☆

    大1、高1の2人姉妹の母

    大1の娘が、中3の2015年12月に不登校に…

    2016年1月からコンプリメントトレーニング(300日)

    2017年7月から再トレーニング(180日)

    2018年8月から再再トレーニング(30日)

    トレーニングをはじめ何とか高校受験を乗り越え卒業前に中学校へ登校

    高校入学後一進一退を繰り返しながら4年目、この春大学に入学しました。

     

     

    JUGEMテーマ:不登校

     

    ブログランキングに参加しています。

    記事を読んで「参考になった」という方は、応援クリックお願いします。

    にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

    | コンプリメントで子育てする東京親の会  ―ラ・ニコリーナ東京 ― | マルコの凸凹子育て | 14:05 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    + PROFILE
    + LINKS
    + 親の会へのコンタクト
    ☆東京親の会へのご登録☆

    らくらく連絡網にて連絡をしています。
    以下に空メールを送り、届いたメールから会員登録してください。
    ラ・ニコリーナ東京のらくらく連絡網へ登録
    ---------------------------------------------------
    ☆東京親の会より☆
    〇2020年4月学習会
    残念ながら4月13日の学習会は中止とさせていただきます
    3月と同様にWeb学習会を開催いたします。

    詳しくは→Web学習会

    お問い合わせは→東京親の会へ連絡


    ☆神奈川親の会より☆
    〇学習会のお知らせ
    日 時:4月20日(月)9時30分から13時
    場 所:横浜駅近くの公共施設
    参加費:部屋代約3,000円を参加者で等分します
    (初めての方は名札を作りますので別途100円いただきます)

    内容: 自己紹介、経過報告、子どものリソース発表、困ったことからのリソース探しなど

    ご参加、お問い合わせは→神奈川親の会へ連絡

    3月学習会は、中止といたしました。

    ☆群馬親の会より☆
    〇web学習会のお知らせ
    4月5日9時30分〜 LINEグループ通話にて開催します

    内容:自己紹介・近況報告、リソース発表
    参加ご希望・お問い合わせは→群馬親の会へ連絡
    + 森田直樹氏 コンプリメントトレーニング研修会(2018/10/21 八重洲ブックセンター)
    + 書籍紹介


    + RECOMMEND
    カタン スタンダード版
    カタン スタンダード版 (JUGEMレビュー »)

    頭を使っていかに自分の陣地をひろげるか…はまります
    + RECOMMEND
    ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム
    ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム (JUGEMレビュー »)

    小さい子から大人まで単純ですが、とにかく面白いです。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム
    ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム (JUGEMレビュー »)

    全く子供に勝てませんでした…
    しりとり逆バージョン
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + にほんブログ村バナー
    + MOBILE
    qrcode