<< 衝撃の告白part1☆shokako☆ | main | 衝撃の告白part2☆shokako☆ >>

子どもの性格 ☆R母☆
0

    JUGEMテーマ:不登校

     

    4月半ばに参加した町内会の会合で、警察署の方の講話がありました。

    その中のお言葉。

    話の前後は省略しますが…

     

    『性格は変わらない。考え方は変わる』

     

    私はこの言葉を聞いたとき、妙に納得したのです。

     

     

    春休み。

    子どもたちは授業で使ったプリント類の要・不要を分別し、資源ごみとしてリビングに持ってきました。

    私はそれらをストーカーのように1枚ずつ確認します。

    子どもの学校での軌跡を感じながら、私が残しておきたいと思うものを探し出すのが長期休み中の恒例行事です(^_^)

     

    その中の1枚に、長男が高校の倫理の授業で書いたプリント(「あなたの哲学は?」)がありました。

     

    「人としての道を外さない程度に、とにかく楽しんでとにかく楽をして生きる」

     

    「人生すべてにおいての楽を考えると、頑張る時は人より頑張らないといけない」

     

    息子の気づき。もう、最高です。

     

     

    ただ…この文章を読むまで、私は少し思い違いをしていました。

     

    以前の息子は、嫌なことは極力避けて過ごしたいめんどくさがり屋。

    必要以上の努力はまっぴらごめん。

    できれば「人並み以上に努力する」ということに労力を使いたくない。

    とにかくその時その場が楽に楽しくやり過ごせればそれでOK。

    それでも要領の良さでなんとか上手く逃げきったり、やりこなしていた少年。

    (…今思えば、自信の無さをカモフラージュするために、困難から上手く逃げていたようにも感じますが…)

     

    コンプリメントに出会って4年が過ぎ、安定登校して平穏に過ごしている息子は、高校でもそれなりに充実した生活をしていると、私は感じ取っていました。

    だから「楽チン至上主義」からの脱退や卒業なんかを、少なからずイメージしていたところがありました。

     

    …が、冒頭の警察官の言葉です。

     

    『性格は変わらない。』

     

    その通りでした。

    「とにかく楽をして生きたい」と思う息子の基本的な性格は変わっていませんでした。

     

    では何故『考え方は変わる』に至ったのか。

     

    それは「経験から学んだ」からだと思います。

     

    努力して取り組む勉強を避けてきた息子は、受験勉強でそれまでの怠惰のツケを痛感しています。

    高校入学直後の作文で、

    「今までは楽な方を選んで何とかなっていたけれど、受験勉強はそうはいかなかった。ずっと勉強から逃げていた分、苦労した。」

    などと書いていたのです。

     

    そして、息子なりの努力をして入った高校で、入学直後の学力テストでも中間テストでも上位に入りました。

     

    “大学の指定校推薦が狙える!”

    一般受験をするのではなく、指定校推薦を取る方が「楽」なのではないか。

    息子のスイッチが入りました。

     

    「人生すべてにおいての楽を考えると、頑張る時は人より頑張らないといけない」

     

    楽して大学受験を突破するための努力を、息子は毎度のテスト結果と学期末の評定で示しています。

    得意不得意関係なく全ての教科で評定に好結果を出すためには、テストの点数だけではなく日々の関心意欲態度も大事です。

     

    「とにかく楽しんでとにかく楽をして生きる」ために、私の知らぬところ見えぬところでどれだけの努力をしているのか。

    我が息子ながら天晴れ!です。

     

     

    「とにかく楽をして生きたい」を掲げる息子。

    結局のところ、自分の性格特性をどう理解してどう生きるか。

    大事なことって、自分は自分のままでいいのだと認め受け入れて、プラスに働かせて生きていくことなんだと思い至りました。

     

    考えてみれば、娘たちもそうでした。

     

    次女は、心配性すぎて自信の水を自ら減らすようなところがありましたが、最近では心配性の自分を認めてしっかり受け入れ、それをどうカバーしてどう対処していくかを自分で考えて行動する力が育っています。

     

    長女は、次女とは対照的な楽観的な子。

    自信の水の自己補給力はピカイチで、生き抜く力は100万ボルト級。

    これはもう、生まれ持った性質です。

    楽観的ゆえに、もう少し気にしたら?と感じる場面もあるけれど(^^;)、臨機応変に自分をフォローする力が抜群です。

     

     

    親は、子どもの理想像を思い描いて性格特性を直そうとするのではなく、

    子どものすること考えること全てにプラスを感じ取り、

    愛顔愛語のコンプリメントで自信の水を注ぎ、

    そして自信の水が溜まり続けていくとどうプラスに育っていくのか、

    そんなことを思いながら日々の子育てを楽しむとよいのだと思います。

     

     

    ☆R母 プロフィール☆

     

    息子は中1の三学期に不登校。

    コンプリメントトレーニング開始から33日目の新学期に再登校。

    再登校後の一進一退を経てから安定登校となり、今では高校生活を満喫中。

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

     

    記事を読んで「参考になった」という方は、応援クリックお願いします。

     

    にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

    | コンプリメントで子育てする東京親の会  ―ラ・ニコリーナ東京 ― | ☆R母☆己育ち(こそだち)の日々 | 21:07 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    + PROFILE
    + LINKS
    + 親の会へのコンタクト
    ☆東京親の会へのご登録☆

    らくらく連絡網にて連絡をしています。
    以下に空メールを送り、届いたメールから会員登録してください。
    ラ・ニコリーナ東京のらくらく連絡網へ登録
    ---------------------------------------------------
    ☆東京親の会より☆
    〇2020年4月学習会
    残念ながら4月13日の学習会は中止とさせていただきます
    3月と同様にWeb学習会を開催いたします。

    詳しくは→Web学習会

    お問い合わせは→東京親の会へ連絡


    ☆神奈川親の会より☆
    〇学習会のお知らせ
    日 時:4月20日(月)9時30分から13時
    場 所:横浜駅近くの公共施設
    参加費:部屋代約3,000円を参加者で等分します
    (初めての方は名札を作りますので別途100円いただきます)

    内容: 自己紹介、経過報告、子どものリソース発表、困ったことからのリソース探しなど

    ご参加、お問い合わせは→神奈川親の会へ連絡

    3月学習会は、中止といたしました。

    ☆群馬親の会より☆
    〇web学習会のお知らせ
    4月5日9時30分〜 LINEグループ通話にて開催します

    内容:自己紹介・近況報告、リソース発表
    参加ご希望・お問い合わせは→群馬親の会へ連絡
    + 森田直樹氏 コンプリメントトレーニング研修会(2018/10/21 八重洲ブックセンター)
    + 書籍紹介


    + RECOMMEND
    カタン スタンダード版
    カタン スタンダード版 (JUGEMレビュー »)

    頭を使っていかに自分の陣地をひろげるか…はまります
    + RECOMMEND
    ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム
    ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム (JUGEMレビュー »)

    小さい子から大人まで単純ですが、とにかく面白いです。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム
    ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム (JUGEMレビュー »)

    全く子供に勝てませんでした…
    しりとり逆バージョン
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + にほんブログ村バナー
    + MOBILE
    qrcode