<< 3月学習会を開催しました。 | main | 「力がある」を体験してみる! ☆ひなた☆ >>

自分の欲と焦りに気づくこと ☆R母☆
0

    JUGEMテーマ:不登校

     

    コンプリメントトレーニング33日目の新学期のタイミングで息子が再登校したことは、とても嬉しい出来事でした。

     

    でもトレーニング33日間では『親のものの見方 考え方 行動の仕方』を変えるということを完全に理解するまでには至っていませんでした。

     

     

    子どもが再登校を始めると、そこがゴールではないために次から次へとクリアしていくことが出てきて、親の欲がフツフツと湧いてくるのです。

     

    これができたから次はこれ。

    ああしたらよいのに。

    こうなってほしい…。

     

    更なる心配事も溢れるように湧き出てくる始末。

     

    トレーニング以前のように、マイナスに目を向けてわざわざ自信の水を減らすような言葉がけはしなくなってはいました。

    …が、不登校を抜け出て毎日登校していることに安心し、GW中に60日のトレーニングを終えてGW明けにも朝から登校し続けていることでさらに安心してしまった私は、「〜の力がある」を疎かにしてしまいました。

     

    喉元過ぎれば熱さ忘れる。

    私は、自分がラクな方へと流れていってしまいました。

     

    …当然ながら、息子は次第に失速(ToT)

     

    失速して五月雨登校になっていく様子を見てようやく自分の怠惰に気づき焦るのですが、焦った私がしたことは登校や学校がらみのコンプリメントばかり。

     

    「登校」のことで頭がいっぱいになっていました。

     

    そして、焦れば焦るほど「子どものしたこと・できたこと」に目を向ける基本がおろそかになっていき、できていないこと…要するにできるようになってほしいと思うことばかりに目を向けてしまうという悪循環…。

     

    本当に見なくてはならないのは、子どものありのままの姿にある「プラスの面」なのに…。

     

    子どもだって、たとえ五月雨登校になっていても、学校に継続して行けない自分のことを何とも思わないで家で過ごしているわけがありません。

    「五月雨登校になった」という表にだけ目を向けて焦り、その中にある息子の心情を読み取る努力をしていませんでした。

     

    当時の添削で「登校のことばかりですよ」と森田先生から指摘されるまで、自分の目の向けどころが間違っていることに気がつきませんでした。

     

     

    そこで一念発起。

    学校や勉強以外のことでコンプリメントをすると決めました。

     

    その後の経過は、過去記事「登校への欲を捨てたら」の通りです。

     

     

    欲も焦りも完全に手放すことはなかなか難しいことです。

    でも、欲や焦りから子どもを失速させたという辛く苦しい体験から私は学びました。

     

     

    「欲や焦りの感情を自己コントロールしないで表に出した」ことで生じるであろう結果も、

     

    「欲や焦りを表に出すのをグッと堪えて笑顔でドンと構えた(…ふりをする)」ことで生じるであろう結果も、

     

    自分の思考や行動が招く結果であること。

     

     

    森田先生のコンプリメントトレーニングは、子どもを変えるのではなく親自身が『ものの見方 考え方 行動の仕方』を変えるトレーニングなのです。

     

    再トレーニングを経てようやくそのことを心の底から理解し、再トレを30日で終了した後も怠惰に引っぱられないように努め、コンプリメントの子育てを継続してきました。

     

    3月あたまでちょうど丸4年が経ちました。

     

    『再登校してから1年間は不登校と同じ』

    『本来の姿になるまで3年はかかる』

     

    森田先生のこの言葉を念頭に、「二度とあの頃のようにはなりなくない!」との思いで必死になって取り組んでいた頃を思うと、今では随分と肩の力を抜いて過ごしています。

     

    欲や焦りを自己コントロールしてコンプリメントの子育てを続けていけば、年月の長短は人それぞれだとしても、いづれ、肩の力を抜いてコンプリメントの子育てを楽しめるときが来るのだと、私は思います。

     

     

     

    ☆R母 プロフィール☆

     

    息子は中1の三学期に不登校。

    コンプリメントトレーニング開始から33日目の新学期に再登校。

    再登校後の一進一退を経てから安定登校となり、今では高校生活を満喫中。

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

     

    記事を読んで「参考になった」という方は、応援クリックお願いします。

     

    にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

    | コンプリメントで子育てする東京親の会  ―ラ・ニコリーナ東京 ― | ☆R母☆己育ち(こそだち)の日々 | 00:25 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    + PROFILE
    + LINKS
    + 親の会へのコンタクト
    ☆東京親の会へのご登録☆

    らくらく連絡網にて連絡をしています。
    以下に空メールを送り、届いたメールから会員登録してください。
    ラ・ニコリーナ東京のらくらく連絡網へ登録
    ---------------------------------------------------
    ☆東京親の会より☆
    〇2020年4月学習会
    残念ながら4月13日の学習会は中止とさせていただきます
    3月と同様にWeb学習会を開催いたします。

    詳しくは→Web学習会

    お問い合わせは→東京親の会へ連絡


    ☆神奈川親の会より☆
    〇学習会のお知らせ
    日 時:4月20日(月)9時30分から13時
    場 所:横浜駅近くの公共施設
    参加費:部屋代約3,000円を参加者で等分します
    (初めての方は名札を作りますので別途100円いただきます)

    内容: 自己紹介、経過報告、子どものリソース発表、困ったことからのリソース探しなど

    ご参加、お問い合わせは→神奈川親の会へ連絡

    3月学習会は、中止といたしました。

    ☆群馬親の会より☆
    〇web学習会のお知らせ
    4月5日9時30分〜 LINEグループ通話にて開催します

    内容:自己紹介・近況報告、リソース発表
    参加ご希望・お問い合わせは→群馬親の会へ連絡
    + 森田直樹氏 コンプリメントトレーニング研修会(2018/10/21 八重洲ブックセンター)
    + 書籍紹介


    + RECOMMEND
    カタン スタンダード版
    カタン スタンダード版 (JUGEMレビュー »)

    頭を使っていかに自分の陣地をひろげるか…はまります
    + RECOMMEND
    ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム
    ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム (JUGEMレビュー »)

    小さい子から大人まで単純ですが、とにかく面白いです。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム
    ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム (JUGEMレビュー »)

    全く子供に勝てませんでした…
    しりとり逆バージョン
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + にほんブログ村バナー
    + MOBILE
    qrcode