<< 日本教育新聞(9/24)に森田先生が紹介されました | main | 高校受験のこと◆ ひなた☆ >>

高校受験のこと  ひなた☆
0

    JUGEMテーマ:不登校

     

    息子の高校受験について振り返ってみたいと思います。

     

    私立の中高一貫校に通っていた息子は中1の冬にトレーニングを終えてからも五月雨登校が続いていました。

    進度の速い学校の授業にもついて行けず、ほとんど家でも勉強をしていない状態で中2の夏休みに入ろうとしていました。

     

    このままではいけないと考え、ある日息子に「あなたは高校に行かない覚悟はあるのか?」と本気で詰め寄りました。

     

    息子は「高校には行きたいけど、でももう間に合わない…」とか細い声で言いました。

    それが本音かと私は「本当に高校に行きたいなら、できるかできないかじゃない、やる、と決めるだけだ」と強い調子で答えました。

    私の本気度に動かされるように息子は「数学は得意だからこれからやれば積み重ねで何とかなるか、理科と社会は中学受験のときに大分やったから大丈夫かも…問題は英語だな」などと具体的な事を言いだしました。

     

    その日がきっかけとなり夏休みの計画を自分で立て、教科書を中心に少しずつ勉強を始めました。学校に行った日は疲れてできなかったり、自身の水を減らし全く勉強しなくなってしまったりと一進一退ありましたが、「高校に行きたい」という気持ちだけは変わらず持ち続けていたようでした。

     

    中3の1学期になり、欠席日数と成績不良で内部進学が出来ない事が本格的に決まりました(想定内ではありました)。

     

    それから高校探しが始まりました。1学期のうちは本人が高校探しに意欲的ではなく(自分だけみんなと同じ高校に上がれないのはショックだったようです)高校案内などを買ってきて見せようとしても怒り出すような状態でした。

     

    それならと、しばらく放っておきました。「受験のことは任せたよ、考えたくなったらいつでも相談にのるよ」と言っておくと、さすがに中3の夏休み終わり近くになるとマズいと思い出したのか、高校の話題を自分からするようになってきました。

     

    中高一貫校のため、学校には受験の雰囲気は一切ありません。担任の先生もあてにならなかったので高校案内を頼りに一から探し始めました。内申点が低すぎたので都立は断念し、試験当日の点数だけが基準となる私立高校の一般受験に絞りました。

     

    はじめにまず息子の希望を聞きました。男子校がいいか、共学がいいのか。通学時間はどの位まで考えているか。勉強に力を入れている学校がいいのか、スポーツに力を入れている学校がいいのか等々です。公開模試で偏差値もわかってきたので、その前後の偏差値の学校を幅広くリストアップしてみました。そこに息子の条件を当てはめ、資料を取り寄せました。

     

    この時に問題になったのが、内申が極端に悪い事と欠席日数が多い事でした。入試要項には細かい条件までは記載されていない事も多いので、息子を受け入れてくれるのか直接学校に問い合わせる必要がありました。メールで問い合わせた学校もありますが、基本的には学校説明会後の個別相談に模試の成績を数回分持って行き、顔を合わせて事情を話しました。(この時点では息子は連れて行かずに親のみで行きました。)

     

    結果的にはメールで2校断られ、個別相談では3校断られました。

    偏差値が一定レベル以上の学校は内申の評価平均と欠席日数の下限がある場合も多く、そうでない場合は「高校には休まず通えるという保証がなければ難しい」「そういう子(不登校経験者)に十分に配慮する体制がない」などの理由が主でした。

     

    この時期に役に立ったのが「高校情報ステーション」というサイトでした。志望校を入力すると学校のスケジュール一覧が見られるので、他校との日程調整に重宝しました。

     

    (長くなってしまったので△紡海ます。コメントをいただければわかる事にはお答えしたいと思っています)

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    記事を読んで「参考になった」という方は、応援クリックお願いします。

    にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

    | コンプリメントで子育てする東京親の会  ―ラ・ニコリーナ東京 ― | ひなたの日なたぼっこ | 19:45 | comments(8) | - |
    こんにちは、トレーニング50日目の地方在住の
    ねこと申します。
    先日の研修会に参加したものです。

    当日も森田先生に質問したのですが、
    今住んでいる県ではなく、首都圏(神奈川)の、
    転入学を考えています、

    学校への問い合わせは、本人ではなく、
    やはり親がしたほうがいいでしょうか?

    私立中学への編入試験を受けたいと本人が言い出しています。
    中2なので、説明会に参加するとしたら、中学ではなく、高校だとおもうのですが
    高校入試の説明会がだいぶ終わっていること、
    あっても個別相談がないことが多く、
    電話よりも、文書で問い合わせしたほうが、確実にこちらの状況が伝わるかと思っています。。。

    | ねこ | 2018/11/02 11:10 AM |
    ねこ様

    コメントありがとうございます。
    大阪の研修会でのご質問でしょうか。私は東京の研修会のみの参加でしたので、差し支えなければ先生のお答えを教えていただけるとお返事がしやすいのですが…。

    | ひなた | 2018/11/02 7:14 PM |
    参加したのは、東京でした。最後の方に質問いたしました。今思い返してみると、ごめんなさい、自分の質問の大部分が、適応指導教室の質問でした。適応指導教室の通室は出席にはなる、と一般的には言われていて、確かにそうなのですが、高校からお問い合わせがあった場合、在籍校の出席と分けなくてはいけないのが、当地での現状と最近知りました。
    実際、教職についている身内も、不登校と書いていなくても内申書を見れば分かると言うのです。
    時間が差し迫っていることもあり、最後に森田先生に首都圏に戻ってきて編入も考えていると申しあげたところ、適応指導教室から通常の教室へ戻るのにはすごく壁があるし、編入もかなり難しいだろうとのコメントでした。
    | ねこ | 2018/11/02 8:29 PM |
    ねこ様

    大変失礼しました。東京の研修会で転居についてのご相談されたのがねこ様でしたでしょうか。

    学校へのお問い合わせはメールでできる学校も多いと思います。各校の受験者用ページに「お問い合わせ」という欄があると思いますので、私はそちらから相談しました。

    ただ、担当の方がお忙しい場合メールの返信が遅れたりする場合があります(うちも2週間くらい返事が来なかった学校がありました)。この時期ですので、ご心配であれば受験担当者様に電話でお問い合わせしてもいいと思います。経緯を簡単に説明し、受験資格があるか聞いてみてはいかがでしょうか。説明会が終わっていても柔軟に見学や個別相談に対応してくれる学校も多いと思います。

    学校や担当者によってはシビアなことも言ってきたりで親の方も凹むことがあるので、まず親御さんがお問い合わせし、相談されるのが安心だと思います。お子さんは受験資格ありとわかったところからの参加がオススメです。もしも嫌なことを言ってくる学校にあたってしまったら「子供に合わない学校を見つける力がある」とやり過ごしてくださいね(^ ^)

    お子さんが希望の進路に進めますよう心から願っています。
    | ひなた | 2018/11/02 8:46 PM |
    ねこ様

    ねこ様のコメントを読まないうちに先ほどのコメントを送信してしまいました。チグハグなコメントになってしまい申し訳ありません。

    研修会でのご相談の件、思い出しました。

    適応教室からの転入については、森田先生のご返答をもとにご本人とご家族でよく話し合われてくださいね。トレーニング中でしたら電話相談をお勧めします。

    お子さん、環境を変えて頑張りたいと思っているのですね。この時期ですがどうか焦らずにコンプリメントたくさんかけてあげてください。心から応援しています。
    | ひなた | 2018/11/02 9:02 PM |
    ねこ様

    横から失礼します。

    基本はコンプリメント。
    娘さんの観察が大切かと思います。
    子どもの状態を把握出来ないととかく親は子どもに無理をさせがちです。
    良く良くお子さんを観察される事かと思います。

    引っ越される学区の公立の学校を親だけでも見学されてお子さんを安心させてあげるとか、親が工夫することは沢山あると思います。
    子どもを守るのは親しかいません。
    子どもに行った事も無い学校に問い合わせをさせると考える事そのものが私には理解できませんが。。。辛口で申し訳ありません。
    | ひのママ | 2018/11/02 11:29 PM |
    コンプリメント、それにつきる、と本当に思います。励ましをいただき、感謝いたします。
    もともと私は、口に出すのが苦手だったのです。トレーニングを受けるとはこういうことなのか、と体感しています。本を読んでいるだけでは、分からなかったことがたくさんありました。
    本人が、受験をして進学した中学だったので、失望がすごく、なかなか次の道に進むことができませんでした。適応指導教室のすすめで本人が公立中に2度見に行ったのですが、通ってみようかな、と思えないようでした。
    適応指導教室主催の不登校の親の会で、トレーニングを知りました。すぐにやってみようとは思わず、数ヶ月経ってからの開始になりました。
    地理的なこと、他の子どももいるので、祖父母と本人に首都圏の学校を見に行かせ、担当の方とも接触しましたが、まだ本人や祖父母に任せる時期ではなかったと思います。結果は思わしくありませんでした。これからはトレーニングを受けている私主導で動いてみようと思います。
    | ねこ | 2018/11/03 9:46 AM |
    ねこ様

    親の役目は情報を与える。
    選ぶのは子ども、と私は考えます。

    祖父母様の意見は有り難いのですが、結局、祖父母は祖父母です。
    最後に責任をとるのは親です。

    私学は大変ですね。。。
    私は過去に頑張った事をストーリーにして伝えました。
    結果ではなく過程をコンプリメントします。
    | ひのママ | 2018/11/03 10:18 AM |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    + PROFILE
    + LINKS
    + 親の会へのコンタクト
    ☆東京親の会へのご登録☆

    らくらく連絡網にて連絡をしています。
    以下に空メールを送り、届いたメールから会員登録してください。
    ラ・ニコリーナ東京のらくらく連絡網へ登録
    ---------------------------------------------------
    ☆東京親の会より☆
    〇2020年4月学習会
    残念ながら4月13日の学習会は中止とさせていただきます
    3月と同様にWeb学習会を開催いたします。

    詳しくは→Web学習会

    お問い合わせは→東京親の会へ連絡


    ☆神奈川親の会より☆
    〇学習会のお知らせ
    日 時:4月20日(月)9時30分から13時
    場 所:横浜駅近くの公共施設
    参加費:部屋代約3,000円を参加者で等分します
    (初めての方は名札を作りますので別途100円いただきます)

    内容: 自己紹介、経過報告、子どものリソース発表、困ったことからのリソース探しなど

    ご参加、お問い合わせは→神奈川親の会へ連絡

    3月学習会は、中止といたしました。

    ☆群馬親の会より☆
    〇web学習会のお知らせ
    4月5日9時30分〜 LINEグループ通話にて開催します

    内容:自己紹介・近況報告、リソース発表
    参加ご希望・お問い合わせは→群馬親の会へ連絡
    + 森田直樹氏 コンプリメントトレーニング研修会(2018/10/21 八重洲ブックセンター)
    + 書籍紹介


    + RECOMMEND
    カタン スタンダード版
    カタン スタンダード版 (JUGEMレビュー »)

    頭を使っていかに自分の陣地をひろげるか…はまります
    + RECOMMEND
    ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム
    ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム (JUGEMレビュー »)

    小さい子から大人まで単純ですが、とにかく面白いです。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム
    ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム (JUGEMレビュー »)

    全く子供に勝てませんでした…
    しりとり逆バージョン
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + にほんブログ村バナー
    + MOBILE
    qrcode