<< 再登校への道『悲劇のヒロインをやめる』☆七転び八起き☆ | main | 不登校は人生の通過点 ☆R母☆ >>

不登校の子の経験値不足を「ドラクエ」で例えてみたらわかりやすかった ☆ひなた☆
0

    JUGEMテーマ:不登校

     

    この頃気付いたことですが、息子には「経験値」が足りません。

     

    ドラクエなどのロールプレイングゲーム(ゲームの話ですみません)では、

    敵と戦って「経験値(=レベル)」を上げていくうちに、少しずつ強い敵に立ち向かえるようになります。

     

    弱い敵をまず倒し、さらに進んでいくとだんだん強い敵に出会うようになり、

    それを負かしていくことで「経験値」が上がり、より強い相手に立ち向かえるレベルになるのです。

     

    「経験値」が低いのに間違って強い敵がいる方角に行ってしまうと、あっという間にやられてしまいます。

     

     

    これを息子の話に戻すと

     

    「年齢の割に経験値が低い」場合、

    学校(社会)は

    「自分に倒せないような恐ろしい敵(難問)が予測不能の方向から常に攻撃してくる恐ろしい場所」

    だったのではないかと思うのです。

     

    そこで、

    「息子は立ち止まり身を隠した」→不登校

    正しい反応です。

     

     

    ではなぜそうなったか。

     

    私が「過保護過干渉」だったからです。

     

    「子供が失敗する権利を奪ってはいけません」

    森田先生の言葉だったと記憶していますが、まさにこの「いけません」のオンパレードをやっていたのです。

     

    風邪をひかないように、

    「暖かくしなさい」

    「これを着なさい」

    「早く寝なさい」

    「手を洗いなさい、うがいをしなさい」

    「バランスよく食べなさい」

     

    忘れのもをしないように

    「明日の用意はしたの?」

    「時間割は?」

    「宿題は?」

    「体育着は?リコーダーは?絵の具は?」

    「家の鍵は持った?」

     

    書いていて嫌になってきたので、この辺でやめておきますが…

     

    今ならわかります。これをやっていたら子供の経験値が上がるわけがありません。

    自分で考える必要がないのですから。

     

     

    先日、こんなことがありました。

     

    風邪気味だった息子がバイト先から帰ってきて言いました。

    「今日、バイトで咳きこんじゃって苦しくて大変だった」

    「そっか、大変だったね。空気が乾燥しているからね。マスクしていったら楽だったかもね。」と、私。

     

    そして翌日。

    息子が出かける前に私に言いました。

    「マスクちょうだい!」

     

    あー!経験値が一つ上がりました。

     

     

    トレーニングノートの「任せたこと」は、この経験値を上げるためのものでもあるのです。

    親が子の経験値をかわりに上げることはできません。

    それをしようとすると逆に子供の経験値を奪いかねないのです。

     

    そして経験値を上げるためにはそれなりの時間と努力が必要です。

    一朝一夕に解決する問題ではないので、私も現在進行形で頑張っています。

    皆さんも一緒にたくさん任せていきましょうね!

     

     

     

    ☆ひなた☆ プロフィール

    息子は高校1年生。

    中学1年生の5月から五月雨登校→完全不登校に。

    その年の9月からトレーニングを始め、約60日で教室へ再登校。

    その後一進一退(十退)紆余曲折あったものの

    コンプリメントを続け、高校受験を経て毎日元気に登校中。

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。

    記事を読んで「参考になった」という方は、応援クリックお願いします。

    にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

     

    | コンプリメントで子育てする東京親の会  ―ラ・ニコリーナ東京 ― | ひなたの日なたぼっこ | 05:00 | comments(4) | - |
    ひなたさん
    ドラクエに例えるなんて・・・面白いですね。
    わかりやすかったです。
    | shokako | 2019/01/14 10:49 PM |
    shokakoさま

    コメントありがとうございます。
    息子は小学生から中学生を飛び越して高校生になってしまったような所があって、経験値不足だなぁ〜と感じています。焦っても仕方ないと思っていたらふと思い付いた例えでした。自分で妙に納得してしまったので書いてみました(^-^)
    | ひなた | 2019/01/15 4:34 PM |
    先週の三学期始業式から登校を始めた、トレーニング42日目の中1男子母です。

    ひなたさんの『いけません』オンパレードのセリフ、私も同じです。
    私は子どもの前にある小石を拾って歩き、子どもが失敗する経験を奪ってしまっていたのだと、トレーニングを始めてから気がつきました。

    実は今朝も「早く家を出ないと遅れるよ!」と声をかけてしまい、失敗したなぁと反省していたところです。

    ブログに支えられている毎日です。
    ありがとうございます。
    | くま | 2019/01/16 12:57 PM |
    くま様

    コメントありがとうございます。共感してくださって嬉しいです。
    「早く家を出ないと遅れるよ!」→「早く家を出たら間に合うよ(^o^)」ですね!
    次回からはぜひ後者の方で。

    でも、これに気づけるようになった私たち、すごく進歩していますよね!!
    これからも一緒に頑張りましょうね。

    | ひなた | 2019/01/16 8:56 PM |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    + PROFILE
    + LINKS
    + 親の会へのコンタクト
    ☆東京親の会へのご登録☆

    らくらく連絡網にて連絡をしています。
    以下に空メールを送り、届いたメールから会員登録してください。
    ラ・ニコリーナ東京のらくらく連絡網へ登録
    ---------------------------------------------------
    ☆東京親の会より☆
    〇2020年4月学習会
    残念ながら4月13日の学習会は中止とさせていただきます
    3月と同様にWeb学習会を開催いたします。

    詳しくは→Web学習会

    お問い合わせは→東京親の会へ連絡


    ☆神奈川親の会より☆
    〇学習会のお知らせ
    日 時:4月20日(月)9時30分から13時
    場 所:横浜駅近くの公共施設
    参加費:部屋代約3,000円を参加者で等分します
    (初めての方は名札を作りますので別途100円いただきます)

    内容: 自己紹介、経過報告、子どものリソース発表、困ったことからのリソース探しなど

    ご参加、お問い合わせは→神奈川親の会へ連絡

    3月学習会は、中止といたしました。

    ☆群馬親の会より☆
    〇web学習会のお知らせ
    4月5日9時30分〜 LINEグループ通話にて開催します

    内容:自己紹介・近況報告、リソース発表
    参加ご希望・お問い合わせは→群馬親の会へ連絡
    + 森田直樹氏 コンプリメントトレーニング研修会(2018/10/21 八重洲ブックセンター)
    + 書籍紹介


    + RECOMMEND
    カタン スタンダード版
    カタン スタンダード版 (JUGEMレビュー »)

    頭を使っていかに自分の陣地をひろげるか…はまります
    + RECOMMEND
    ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム
    ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム (JUGEMレビュー »)

    小さい子から大人まで単純ですが、とにかく面白いです。
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム
    ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム (JUGEMレビュー »)

    全く子供に勝てませんでした…
    しりとり逆バージョン
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + にほんブログ村バナー
    + MOBILE
    qrcode