新年のご挨拶リレー  おまえちゃん☆
0

    JUGEMテーマ:不登校

     

    本日から改めて、ラ・ニコリーナ東京運営メンバーの紹介をしたいと思います。

     

    トップバッターを務めるのは、おまえちゃんです。

    ☆おまえちゃん☆

    3姉妹(大1、高3、中2)の母です。

    中高一貫校に通う高3の次女が、中1の秋に不登校になりました。不登校中は昼夜逆転、電子機器に依存してました。その12月に森田先生の本に出会い、すぐに東京研修会に参加、すぐにトレーニングを申し込み、トレーニング10日目の3学期初日に教室へ再登校しました。

    登校してからも度々五月雨に。

    その後、内部進学して、不登校・五月雨登校による厳しい措置を受けても乗り越え、現在高3。

    授業も2学期のテストも無事終了し、高校を卒業するところまで来ました。

    思えば、幼少期から他の子が先生に怒られていたと怖がり、喘息の持病もあり、腹痛を訴えることも多く、行き渋りや欠席の多い子でした。

    今にして思えば小さい時から自信の水不足でした。

     

    昨日は親の会の願望を書きましたので、本日は基本自己紹介をしたいと思います。

     

    年末まで全国の事務であたふたとしていました。

    ゆとりのあるうちに行動できるようになることが今年の目標です。いや、人生の目標です。

    とはいえ、コンプリメント的には、必要な事務作業に年末の朝方まで取り組む力が私にはあります(笑)

     

    上にも書きましたように、コンプリメントを始めて5年、次女が高校を卒業するところまで来ました。

    私はカメの歩みで進んでいますので、高校卒業が思いもかけない貴重なものと知ることができました。

    娘も友人から「何よりも○○○(娘の名)の卒業が嬉しい」と言ってもらったそうです。

    ↑良い友人を引き寄せる力のある娘です(^ ^)

     

    高校生には時間という大きな壁があります。

    高校で不登校になられた方には、一刻も早く森田先生の「コンプリメントトレーニング」と出会ってほしいと思っています。

     

    昨年、浪人生だった長女は大学生となり、一人暮らしをしながら、学生生活を満喫しています。

    本人の生きたいように生きている姿を見るのは親として幸せなものです。

     

    3女はなんとか部活をこなしながら、マイペースに中学生活を送っています。

    部活の大会前には、青色吐息とはこういう状態ねという朝が続きましたが、嫌だ嫌だ嫌だと言いながら乗り越え、過ぎてしまえば過去のことです。

     

    学校で様々な体験をすることで心のコップが大きくなると思えるようになりました。

    以前は学校がもっとこうであれば、とよく考えていました。

    学校や社会の変化を求めるのは間違いではないのですが、社会が変わる事を待っていては、娘の貴重な時間は過ぎていってしまいます。

    正直この歳の娘には厳しすぎるという体験もしてきましたが、コンプリメントで乗り越えることができました。

     

    社会貢献出来る人に成長するように声かけをしています。

     

    娘に必要なのは自信の水を溜めることですね。

    笑顔でコンプリメントを続け、記録します。

     

    引き続き、親の会の活動でも、人を変えるのではなく、自分たちに今できることを考えて取り組んでいきます。

     

    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

     

     

    ブログランキングに参加しています。

     

    記事を読んで「参考になった」という方は、応援クリックお願いします。

     

    にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

     

     

     

    | コンプリメントで子育てする東京親の会  ―ラ・ニコリーナ東京 ― | おまえちゃんの♪親も伸び盛り♪ | 08:00 | comments(0) | - |

    理不尽なことから学ぶ ☆おまえちゃん☆
    0

      JUGEMテーマ:不登校

       

      ゴールデンウィークが明けました。

      我が娘は、めちゃくちゃ低迷した休みでした。

       

      昨日は学校独自の休みで、今日から学校が始まりました。

       

      娘が朝ご飯をたべながら、小学生の不登校ユーチューバーの話をしていました。

      その子は学校を非難しているが、学校には行った方が良いと思う。

      学校で起こる理不尽なことから学ぶことが多いこと、自分の友人の中でも忙しく理不尽な部則の部活で活動している友人程強くたくましいというようなことをずっと話しています。

       

      話を聞いていると、あー、学校へ行く意味が分かっているのだと嬉しくなりました。

       

      娘も理不尽なことをたくさん経験して、強く逞しくなってきたのだと思えます。

       

      連休中は勉強が手につかずに苦しい時間だったけどよく頑張ったねと声をかけると、連休明けにありがちな毒を吐くこともなく気持ちよく家を出ていきました。

      やらなくてはならないことが手につかないのは側で思う以上に苦しい時間なのですね。

       

      理不尽な経験と言えば、以前は、私も古い体質の学校が悪いと思い、打たれ弱い娘を入れた後悔ばかりという時期がありました。

      でも、違いました。

      そんな中だからこそ、娘は成長しています。

       

      今朝も、出し忘れていた届を職員室に出しに行かねばと言って早めに出ていきました。

      もしも、受理してもらえなければ、大声を出して泣きわめこうかなとも言っていました(笑)

       

      泣きわめかなくても受理してもらえたそうです。

       

       

      ブログランキングに参加しています。

      一人でも多くの悩める親子にコンプリメントでの子育てが届くよう、ポチっとお願いします。

      にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

       

       

      ☆おまえちゃん☆
      3姉妹の母。

      次女が中高一貫校中1の秋に不登校。12月にコンプリメントの本に出会い、研修会に参加、トレーニング受講。
      娘はトレーニング10日目の3学期初日から再登校。
      再登校後、内部進学後も、一進一退・五月雨を度々経験。

      不登校・五月雨のために学校にて受ける困難もなんとか乗り越え、現在高3受験生。

       

      | コンプリメントで子育てする東京親の会  ―ラ・ニコリーナ東京 ― | おまえちゃんの♪親も伸び盛り♪ | 18:37 | comments(0) | - |

      ゆっくり育てばよい ☆おまえちゃん☆
      0

        JUGEMテーマ:不登校

         

        娘は高3になりました。

        今、また失速しています。

         

        昨日は土曜日、仕事が休みなので、さてどんな工夫をしようかと考えて、自室で寝ている娘に「たいせつなきみ」という他の人からの評価に左右されることはないという内容の絵本を読み聞かせました。(主人公がダメ設定なのが気になるところですが)最初は布団をかぶったまま蹴ってきましたが、かわしながら負けずに最後まで読みました。絶対しっかり聞いています。こんな時間も最近はあまりないので良いものです。

         

        その後、高3生と保護者対象の進学説明会と保護者会があり、私は参加するため高校に向かいました。

        移動途中で、ラインを見ていたら、娘のラインのアイコンが幼児期の写真に変わっているのに気付きました。(娘の携帯は休んだので没収中です)

         

        アイコンのちっちゃな頃の娘を見ながら、自分では急いでいるつもりは全くなかったが、娘はゆっくりと成長すれば良いのだ、思い残しの無いように・・・ と改めて心から思い、涙が出てきました。

         

        家に帰り、アイコンが変わっていることに気づいたこと、可愛くて涙が出たこと、パパ気付いた?かわいいよね〜、そんなことを話していたら、気持ちが和らいだのかその後は次第に通常の家族の状態に戻りました。(本人も戻れるきっかけを待っていますね)

         

        我が家は、長女は2浪し、今年大学に進学しました。

        ですので、元々進学に関しては焦ることはないと思っていますが、次女は焦っているのでしょう。本当はしっかりやりたいと思っているからうまくいかないことに焦り消耗する。真面目さは娘の大きなリソースです。

         

        娘がもっと自信を持てるようコンプリメント頑張ります。

         

         

        ブログランキングに参加しています。

        一人でも多くの悩める親子にコンプリメントでの子育てが届くよう、ポチっとお願いします。

        にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

         

         

        ☆おまえちゃん☆
        3姉妹の母。次女が中高一貫校中1の秋に不登校。12月にコンプリメントの本に出会い、研修会に参加、トレーニング受講。
        娘はトレーニング10日目の3学期初日から再登校。
        再登校後、内部進学後も、一進一退・五月雨を度々経験。

        不登校・五月雨のために学校にて受ける困難もなんとか乗り越え、現在高3。

         

         

        | コンプリメントで子育てする東京親の会  ―ラ・ニコリーナ東京 ― | おまえちゃんの♪親も伸び盛り♪ | 08:33 | comments(0) | - |

        子どもの言葉に惑わされない
        0

          JUGEMテーマ:不登校

           

          子どもが言葉を獲得するようになると、言葉でのコミュニケーションで子育てが楽しくなることも多いですね。

          でも、言葉は難しいとも思います。

          表に出てきたものだけが真実ではないからです。

           

          不登校の底にある時、娘は1日に何度も「死にたい」と言っていました。

          親子で本当に苦しい時でした。

          その時に、どなたかのサイトで見た「死にたい」は本当に死のうと思って言っている言葉ではなく、「死にたいほど辛く苦しい」という意味という言葉にとても救われました。

          それからは、娘が「死にたい」と言うと、ひたすら「死にたいほど辛くて苦しいのね」と共感をしました。

          すると次第に、「死にたい」ではなく、「あー、死にたいほど苦しい」と言うようになりました。

           

          ネガティブな言葉は、本当はそうではない状況になりたいとの願望の裏返しなのだと思います。

           

          「学校へは絶対に行かない」も似ているなと思います。

          不登校のお子さんを持つ多くの方が、子どもが嫌がっているのだから学校に行かせるなんてとんでもない。

          不登校を解決するとは、なんてひどい親だ、自分には絶対にできないと思われるようです。

           

          しかし、我が子の経過を見たり、親の会でお話をしていると、この言葉の奥にある子どもの本当の気持ちは違うだろうと思います。

          「学校へ行きたくない程、学校で様々なことが上手くいかなくて苦しい。」等の意味なのではないか。

          本当は他の子のように普通に学校に行きたいのだろうとも思います。

           

          親の会でお話していると、子どもが今の学校にだけは絶対に戻らないと言っているので、元気になったら転校かなとおっしゃる方がいます。

          そんな時、きっと自信の水が溜まれば元の学校へ戻れるのだろうと思います。

          後で、元の学校に戻りましたとご連絡をいただいたこともあります。

           

          自信の水不足の子どもの言動に惑わされないことが必要だなと思います。

           

          子どもはより良き自分になりたいのだと思います。

          心の奥底には希望があるのだと思います。

          だからこそ、うまくいかない今が苦しい・・・

           

          先日参加した久里浜医療センターの院長の講演会でも、

          ゲーム依存患者も心の奥でこのままではまずいと思っているものだと話されていました。

           

          心の奥にある希望を表に出していけるよう、コンプリメントに集中したいと思います。

           

           

          ブログランキングに参加しています。

          一人でも多くの悩める親子に届くよう、ポチっとおねがいします。

          にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

           

           

          ☆おまえちゃん☆
          3姉妹の母。次女が中高一貫校中1の秋に不登校。12月にコンプリメントの本に出会い、研修会に参加、トレーニング受講。
          娘はトレーニング10日目の3学期初日から再登校。
          再登校後、内部進学後も、一進一退・五月雨を度々経験。

          不登校・五月雨のために学校にて受ける困難もなんとか乗り越え、現在高2。

           

           

           

           

          | コンプリメントで子育てする東京親の会  ―ラ・ニコリーナ東京 ― | おまえちゃんの♪親も伸び盛り♪ | 07:00 | comments(2) | - |

          留年瀬戸際での穏やかな日々と草の根の決意
          0

            JUGEMテーマ:不登校

             

            高校2年の娘は留年の瀬戸際です。

            3月の下旬までどうなるかは、わかりません。

             

            高校生ならではですが、五月雨は不登校とはいえ、この時期まで瀬戸際で居続けるのも結構登校する力が必要です。

            また、意に反して進路変更を余儀なくされるのも、状況を受け入れて乗り越えるための力が必要です。

            高校生の場合、少しでも早く保護者がコンプリメントトレーニングに出会ってほしいと思います。

             

            2月中の土曜日、これまでも受けるのが嫌で避け続けてきた英語外部テストが放課後に予定されていました。

            朝、学校に行きたくないとあれこれと不満を言っている娘に、(不満は言っているが、欠課時数がきついのできっと行くのだろうと感じ、)「任せるよ」と伝えました。(先生のご指導では学校は行かなければいけないところ、任せてはいけない場所ですね、基本から外れていて申し訳ないです)すると、「とうとう見放したのか」との返事が返ってきました。

             

            「違うよ。あなたが今の高校に通っていようと、そうでなかろうと、あなたは変わらないし、ママがやることも一緒だということ。あなたはどこにいようと必ず自分のなりたい自分になれる日が来るから大丈夫」と伝えると、ふーんという顔で食事を続け、その後送ってくださいと言って学校へ行きました。

             

            テスト結果が戻ってきて、一番下のレベルだったと言っていましたが、テストを受ける力が大切、成績なんて関係ありません。

             

            親の会で、たくさんの高校生ママたちとお話していると、子どもがどのような環境に身を置くことになろうとも親のすべきことは同じなのだといつも感じます。

             

            子どものリソースを探し、笑顔でコンプリメントする。

            私も見方を変え、日々のコンプリメントを頑張らねばです。

             

            そうこうするうちに、この記事を書き始めて1か月以上が経ち、娘はなんとか補講を受けて進級できることとなりました。

            しかし、理系クラスで一緒に勉強していた、後から不登校になったお子さんはお辞めになるようだと娘が話しています。

             

            クラスが違うため、コンプリメントでの子育てを紹介することが出来ませんでした。

            後悔先に立たず(涙)

            躊躇していてはいけない、とにかく知り得る限りの不登校の悩める親子に情報を届けたいと思いました。

             

            昨日20日は、末娘の通う中学の卒業式でした。

            卒業生には不登校に苦しむ生徒がいると娘から聞いていましたので、森田先生の本を家にあるだけ持参し、不登校で苦しむ卒業生保護者へお渡しいただくよう娘の担任の先生に頼みました。

            後悔の無いよう行動するだけです(笑)

             

            卒業生の皆さんの未来が、幸多かれと祈ります。

             

             

            ブログランキングに参加しています。

            一人でも多くの悩める親子に届くようクリックしていただけると嬉しいです。

            にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

             

             

            ☆おまえちゃん☆
            3姉妹の母。次女が中高一貫校中1の秋に不登校。12月にコンプリメントの本に出会い、研修会に参加、トレーニング受講。
            娘はトレーニング10日目の3学期初日から再登校。
            再登校後、内部進学後も、一進一退・五月雨を度々経験。

            不登校・五月雨のために学校にて受ける困難もなんとか乗り越え、現在高2。

            | コンプリメントで子育てする東京親の会  ―ラ・ニコリーナ東京 ― | おまえちゃんの♪親も伸び盛り♪ | 07:00 | comments(4) | - |

            新春自己紹介リレー ☆おまえちゃん☆
            0

               本日から改めて、ラ・ニコリーナ東京運営メンバーの紹介をしたいと思います。

               

              トップバッターを務めるのは、おまえちゃんです。

              ☆おまえちゃん☆

              3姉妹(浪人生、高2、中1)を育てる母です。

              中高一貫校に通う高2の次女が、中1の秋に不登校になりました。不登校中は昼夜逆転、電子機器に依存してました。その12月に森田先生の本に出会い、すぐに東京研修会に参加、すぐにトレーニングを申し込み、トレーニング10日目の3学期初日に教室へ再登校しました。

              登校してからも五月雨登校に何度も一退。過睡眠の症状があり、睡眠外来にも何度か通いました。

              その後、内部進学して、不登校・五月雨登校による厳しい措置を受けても乗り越え、現在高2。

              思えば、幼少期から喘息の持病があり、行き渋ることも多く、お腹が痛いと言ってよく休む子でした。今では、喘息も睡眠症状も改善しています。お腹が痛いのはまだありますが、本人曰く、学校では気合いで過ごしているようです。

               

              さて、昨日の続きです。

              今年開催予定の全国の会には特別な思いがあります。

               

              一昨年の8月、東京で開催された不登校の全国のつどいというイベントに個人で参加しました。その基調講演で、20年引きこもっていた若者が、偶然出会った見知らぬ人からの一言をきっかけに、自分は自分のままで良いと確信を持ち、そこから小さい頃に抱いていた医療の道を目指して猛勉強をして大学で学んでいるという事例が語られていました。

               

              その話を聞きながら、親がコンプリメントをかけていれば、どれくらいの期間で実現できたのだろうか、分からないがたぶん短期間で、見知らぬ人に出会う偶然も必要なくそこにたどり着いたはずと思いました。貴重な人生の時間は戻せないし、人生にたら・ればはない。

               

              会場にいるすべての人に、「森田先生のコンプリメントトレーニングは本当に凄いですよ。」と伝えたい衝動にかられましたが、グループ懇談で紹介するのがせいぜいでした。

               

              不登校で困っている子どもになるべく短い時間で本当に必要な力をつけることをめざす親の会を作りたい。解決の手法を持たない人の中に入っていき、コンプリメントの素晴らしさを伝えたいと思いました。

               

              そのつどいの次の開催に向け、コンプリメントで子育てする大阪の会のお仲間が、準備委員会に入り精一杯頑張ってくれましたが、不登校はそっと待つという会の信念の強さに撤退せざるを得なくなりました。

               

              そこで、“うまくいかないことは、やり方を変えて”というコンプリメントトレーニングの教えのとおりに、独自の全国の会を開催することとなりました。何とも嬉しいです。

               

              東京親の会を立ち上げるにあたっては、とにかくコンプリメントで子育てをしているという共通の柱を持つ皆が、諦めずに続ける環境を作りたいと思いました。

               

              トレーニングを開始したばかりの辛い状況をお過ごしの方、終了されて自分で取り組んでいる方、トレーニングは途中で挫折した方、本を読んで独自に取り組んでいる方、どんな状況にいても、親が諦めずに続ければ、多少時間がかかっても必ずコンプリメントで道が開けると信じています。

              是非遠慮せずに、学習会にご参加いただきたいと思います。

               

              このように思い先行型で学習会を開催し始めましたので、温かい皆さまとの出会いには感謝しかありません。

               

              最近は、不登校の当事者や保護者の交流サイトで、保護者に先生の本を紹介し、コンプリメントをお勧めしています。きっと怪しまれているだろうなぁと思いながら、伝わる人には絶対に伝わると信じて種を撒いています。

               

              そこで知ったという方、嬉しいのでお声かけください。

               

              本年もどうぞよろしくお願いいたします。

               

               

               

              JUGEMテーマ:不登校

               

              ブログランキングに参加しています。

              記事を読んで「参考になった」という方は、応援クリックお願いします。

              にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

              | コンプリメントで子育てする東京親の会  ―ラ・ニコリーナ東京 ― | おまえちゃんの♪親も伸び盛り♪ | 08:00 | comments(0) | - |
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              282930    
              << June 2020 >>
              + PROFILE
              + LINKS
              + 親の会へのコンタクト
              コンプリメントで子育てする全国親の会
              オンライン 2020

              開催詳細
              ---------------------------------------------------
              ☆東京親の会へのご登録☆

              らくらく連絡網にて連絡をしています。
              以下に空メールを送り、届いたメールから会員登録してください。
              ラ・ニコリーナ東京のらくらく連絡網へ登録
              ---------------------------------------------------
              ☆東京親の会より☆
              〇2020年6月学習会
              6月もWebでの学習会を開催いたします。
              6月28日(日)14時〜(2時間程度)学習会
              お問い合わせは→東京親の会へ連絡

              ☆神奈川親の会より☆
              〇学習会のお知らせ
              6月以降の学習会につきましては、決まり次第告知いたします
              お問い合わせは→神奈川親の会へ連絡

              ☆各地の親の会web学習会☆
              新潟親の会  予定が決まりましたら更新します。
              香川(四国)親の会 6月28日(日) 10時〜
              群馬親の会  6月7日(日)9時30分〜

              zoomにて開催します
              内容:自己紹介・近況報告、リソース発表

              新潟・香川親の会参加ご希望等は→東京親の会へ連絡
              群馬親の会参加ご希望・お問い合わせは→群馬親の会へ連絡
              + 森田直樹氏 コンプリメントトレーニング研修会(2018/10/21 八重洲ブックセンター)
              + 書籍紹介


              + RECOMMEND
              カタン スタンダード版
              カタン スタンダード版 (JUGEMレビュー »)

              頭を使っていかに自分の陣地をひろげるか…はまります
              + RECOMMEND
              ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム
              ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム (JUGEMレビュー »)

              小さい子から大人まで単純ですが、とにかく面白いです。
              + RECOMMEND
              + RECOMMEND
              ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム
              ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム (JUGEMレビュー »)

              全く子供に勝てませんでした…
              しりとり逆バージョン
              + SELECTED ENTRIES
              + RECENT COMMENTS
              + CATEGORIES
              + ARCHIVES
              + にほんブログ村バナー
              + MOBILE
              qrcode